私はげちゃうのかしら

出産後、髪がドバっと抜けるという話は聞いていましたが、ここまでとは思っていませんでした。
朝起きて髪をとかすとブラシにたら~っと髪が大量にくっついていますし、お風呂で髪を洗うと両手の指の間にすごい量の髪の毛が絡まってます。
本当にホラー映画さながらです。特に長い髪だと怖さ倍増です。

私自身は髪の毛が多い方なので、最初の方は抜けてくれたら少なくなってちょうどいいわ、くらいに思っていたのですがずっと続くと不安になってしまい、ネット検索しました。
みんな産後は抜けちゃうみたいですね。
半年程度で収まるのでーと書いてありましたが、半年もこのペースで抜けたらはげちゃわないですかね。

掃除しても掃除しても気が付いたら髪が落ちてます。
私はそれほど気にならないのですが、主人は気になるようで家にいるときはコロコロでよく掃除をしています。
そう、まるで生え変わりの時期の犬の毛を掃除するように、厳しい姑が嫁にいじわるするようにです。
早く産後の抜け毛が終わってほしいものです。

【関連】将来薄毛対策

育毛に関しては多くの俗説が出回っていますが、筋トレが原因の薄毛があるというのもこの一つです。
薄毛の原因となる男性ホルモンが、筋トレによって増加することが理由らしいのですが、調べてみると筋トレをした全ての人が薄毛になる、なんて事はありません。
とはいえ、男性型脱毛症、別名AGAの人が筋トレをするとその症状が悪化する可能性が高いです。
AGAは体内の男性ホルモンが脱毛物質へと変化しやすい病気だからです。

大豆をそのまま炒って粉状にしたものがきな粉です。
大豆に含まれているイソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと似た化学構造を持っているため、薄毛の原因である男性ホルモンが抑制され髪が生えやすくなると言われています。
もちろん、豆腐や納豆でもイソフラボンは摂取できますが、粉末状のきな粉は栄養を吸収しやすく、イソフラボン摂取という目的ならば、最もふさわしい食品だと言えます。
そのままでは食べにくいですが、牛乳や豆乳に混ぜると、味も良く簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

髪の毛をセットする時には整髪料が欠かせません。
けれども、この整髪料は育毛をしたいのであれば、なるべく使わないようにしてほしいものです。
整髪料が汚れや皮脂と混ざって髪に付き、通常のシャンプーでも落ちにくい頑固な汚れになりますし、頭皮に付いたまま残ってしまうと頭皮にストレスがかかって、薄毛や抜け毛を進行させるかもしれません。
なるだけ整髪料が頭皮に触れないようにヘアセットをして、シャンプー後も3分以上は水で洗い流すようにしてください。

皆さんご存知のように、血行不良は健康の大敵ですが、実は、頭皮にまで悪影響を及ぼします。
頭皮の血流が減少すると毛髪の成長に使われるはずの栄養素が行き届かなくなるのです。

この状態が進むと、髪は完全に成長を止めてすぐに抜け落ちる状態になり、薄毛が促進してしまうでしょう。
血行不良を改善することが育毛に繋がるということはこのような背景があるからです。
頭皮マッサージや湯船で全身温まることなどで薄毛対策をしておくと良いでしょう。

育毛に関しては、昔から多くの俗説が流れていますが、中には科学的根拠に則っていない嘘が混ざっているので、騙されないようにしましょう。
代表的なもので言えば、ワカメの育毛効果でしょう。昔からワカメは髪に良いと言われていましたが、科学的根拠は何もない迷信です。

ワカメなどの海藻は、ヨウ素を多く含んでいます。甲状腺機能を働かせるヨウ素は、血液の循環を促進させますから、身体には必要不可欠な栄養素だと言えます。
けれども、ワカメ自体に発育を促すような効果があるわけではないのです。

髪の毛の健康を考えた時、全身の血行を良くすることは大切になります。
では、どのように血行を改善すればよいのでしょうか?それには身体を動かすことが一番ですが、時間をかけて外で激しく体を動かさなくても、柔軟体操やストレッチなどをおうちで15分くらいするだけで、血行不良は改善します。
ストレッチは育毛効果以外にも、固まった身体を柔らかくしますから、肩こりや首こりの症状が改善し、気分もスッキリするでしょう。

このところ、インターネットにおいては育毛に関する商品やクリニックに通った人のレビューが載っているサイトがいくつかあります。
口コミを検討材料として使う分には問題ありませんが、年齢や体質、症状の進行度の違いで適切な治療方法もそれぞれ異なるのが育毛ケアなのです。
むやみやたらに口コミを信じ込まず、自身の体でグッズの効果を試したり、カウンセリングでクリニックの様子を見るようにした方が、納得できると思います。

薬局などで探してみると、抜け毛や薄毛予防に特化した「スカルプ」という名前の入ったシャンプーを見かけます。
いまいち馴染みのない「スカルプ」ですが、これは「頭皮」のことを指し、これらの商品は頭皮環境を改善し、髪の毛の健やかな成長を導くための商品です。
とはいえ、いくらスカルプケアの商品だとしても、シャンプーには変わりありません。
例えば、洗い残しで頭皮に残ったままだと毛穴詰まりとなって、健康な髪の毛の成長を阻害するでしょう。

髪のためには、何よりも洗髪が重要なことを理解しておきましょう。
生活の質を向上させることは、間接的に育毛を促すと言えるでしょう。
例えば、人間の体は眠っている時が最も新陳代謝を活発に行うので、寝不足になると髪の毛の元である毛母細胞の働きに悪影響が及びます。
または、運動不足が続けば肥満になるどころか、血行不良を引き起こし全身の新陳代謝が衰えるため、育毛においては大きなマイナス要因となります。
血行不良は血流にのって髪に届くはずの栄養素が届かなくなってしまう為です。

育毛に関する俗説はたくさんあって、ワカメなどの海藻類を食べると髪に良いという話も聞いたことがあると思います。
確かに、海藻は身体には良いものの毛髪に直接作用する訳ではない、というのがこれまでの常識でした。
けれども、海藻類のヌルヌルに含まれるフコイダンという食物繊維の一種が髪を作る毛母細胞の活性化に必要なIGF-1の増加を助ける効果がある事が研究によって明らかにされました。
IGF-1は、ソマトメジンCという名前が付いており、他にも、大豆や唐辛子などを摂取した場合も増やすことができます。