AGAに有効な薬剤として有名なミノキシジルとプロペシア

ミノキシジルとプロペシアはAGAに有効な薬剤としてもっとも有名なのではないでしょうか。

処方薬であるプロペシアについては近年、同様の成分のジェネリック薬が販売されるようになりました。

時間をかけてなるのがAGAなら、治療にも時間がかかるのは当然で、治療費の負担も継続的に続くことになります。

なるべくコストを抑えたいというのは当然ですし、後発医薬品の使用が最も手軽な方法です。

なんだか近ごろ髪のボリュームがなくなって、地肌の白さが気になるようになり、ひょっとしてAGAの兆候かという疑いが出てきた時は、単純ながら自分で確認する方法がないわけではありません。

自然に抜け落ちた毛を集めてみて、地毛より短くて柔らかかったり細い毛の比率が高くないか確かめるという調べ方です。

太く長く成長するべきところが、そこまでいかずに早いうちに抜けてしまっている髪が相対的に多い時は、発毛力や成長維持の力に異変が出てきているということで、その症状の背景にはAGAがあると思われます。

精神的なプレッシャーや体調が悪化したときなどは抜け毛がじわじわと、あるいは一気に現れることがあります。

小さなコインくらいの大きさの丸いハゲができる円形脱毛症の場合もその要因にストレスがあげられています。

それから頭頂部や生え際が薄くなるAGAの発症も過度なストレスが背景にあることが少なくありません。

動物と同じように人間の場合も、強い刺激や緊張状態が続くとホルモンで調整しようとするため、通常とは異なるバランスになります。

男性型脱毛症というようにAGA発症は男性ホルモンの影響を強く受けるため、なにかしらのストレスが発症要因になっていることは想像にかたくありません。

男性型脱毛症の治療の場合、治療効果が感じられるようになるのは、年齢や治療前の状態によっても異なるのですが、大抵数ヶ月から1年、早ければ3ヶ月から半年弱を見込んでおけば良いでしょう。

そこから始めて、AGAの状態が見るからに変わったとはっきり言えるようになるまでには実際に何年という時間が必要かもしれません。

たとえ生えても早期に抜け落ちないように維持しながら治療するので、長らく通うことになっても投げ出さずにじっくり腰を据えて治療していくことが肝心です。

いまの日本には男性型脱毛症(AGA)の人が1300万人弱であると言われており、日本の総人口が1.2億人であると計算したら、単純に考えても全人口の1割がAGAの症状を自覚しているといって間違いないでしょう。

しかしながらここで言う総人口はAGAの対象とならない女性や子供も入っているので、さらに細かく二十歳以上の男性の数に限って試算すると、約20%(後期高齢者を除けばそれ以上)の高確率で発症しているのです。

AGAの検査も治療も保険適用外ですので、国保も職場の保険も効かず、全額を自費で払うことになります。

免疫疾患などが原因の薄毛の治療と違い、AGAの治療は二重まぶた手術や歯のホワイトニングなどと同等の位置づけで、治療することが生命や健康に必須とはいえないため公的保険は適用されないのです。

それでも費用を抑えたいというのでしたら、薬価の高い先発薬からジェネリックに切り替える、その他の薬や医療費とまとめて確定申告して還付金を貰うなど、工夫すればかなり節約できます。

若いうちに治療を開始したほうが治療効果は早く顕著に出るという研究結果があります。

ただ、AGAの状態が進んでいることが客観的に明らかな時でも、地肌に隠れている毛母細胞が死滅していなければ治療して効果が出ないということはないでしょう。

頭皮を見て自己判断で無理だろうとは思わないことです。

目視できる細胞ではないですから、目視で毛根らしき黒い粒が見えていなくても毛母細胞が生きているということはあり得るのです。

悩み続けるよりははっきりさせたほうが良いので、専門の医者に相談し、検査してもらうと良いでしょう。

整髪用のムースやワックスには界面活性剤を含むものが多いです。

これは髪や地肌の主要な成分であるコラーゲンを損なうため、大量に使ったりシャンプーのときに上手く洗い落としきれないでいると髪の成長サイクルが乱れて薄毛になりやすくなります。

当然ながらAGAの治療には良い影響は与えません。

使用するとしても低刺激性の整髪料を使い、髪型を整える際にも毛の根元や頭皮に付着して毛穴を塞ぐことがないよう注意してください。

現在のところAGA治療には保険が効きませんが、医療費控除の対象にはなりえます。

これは医療費が年間10万円を超えていることが前提ですが、申告で所得税の還付を受けられるだけでなく、住民税も安くなります。

所得税の還付が少なくても住民税は所得税の約3倍安くなるので、AGAの医療費控除効果は大きいのです。

10万円を超えるのはAGAの治療費だけでは無理でも、ひとつの世帯内での医療費の年額が合算して10万円超であれば良いのです。

さらに頭痛薬などドラッグストアで買える市販薬なども控除対象ですから、領収証は捨てないことです。

平均より低い体温の人というのは、代謝が弱まっていることを念頭に置いて治療した方が良いでしょう。

男性型脱毛症(AGA)の治療には血行を良くすることが有効ですので、普段から新陳代謝を上げることを意識していけば、抜け毛や薄毛対策としては非常に有効です。

冷たい飲み物は避けて上着やはおりもので体を冷やさない工夫をしたり、野菜でいえばゴボウ、レンコン、ニンジンなどの根菜類をとったりするのもお勧めです。

また、夏でもバスタブに浸かるようにすることにより、冷えは防止できます。

販売店情報:育毛剤 イクオス amazon